SDGsの取り組み

SDGs(=Sustainable Development Goals・持続可能な開発目標)とは、2015年に国連が採択した、先進国を含む国際社会全体の2030年に向けた環境・経済・社会についてのゴールです。
「持続可能な開発目標」のことで、社会が抱える問題を解決し、世界全体で2030年を目指して明るい未来を創るための17のゴールと169のターゲットで構成されています。

SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
ベストバリューエネルギーでは、従来のCSR的な取り組みを見直し、SDGsの開発目標に基づいた持続可能な開発目標にシフトしてまいります。

外務省のホームページはこちら

BVEでの取り組み

環境への配慮

LEDライトを使用

二酸化炭素排出量軽減、省エネルギーの取り組みとして、ベストバリューエネルギーでは各店舗の電灯をLEDライトにすべて切り替え、電気使用量の削減に取り組んでいます。

ベーパー回収機の設置

ガソリン車からは、ガソリンベーパーと呼ばれるガソリンの蒸気が排出されています。このガソリンベーパーは、PM2.5や光化学スモッグの原因物質のひとつであるため、ガソリンベーパーの排出を抑制することは大気環境の改善につながります。
ベストバリューエネルギーでは伊丹店にベーパー回収機の設置いたしました。

雇用・働き方

国内外全ての格差をなくしていくために、ベストバリューエネルギーでは積極的に外国人の雇用に力をいれています。

災害時の対策

近年、予想を上回る自然災害が頻発する中、私たちはガソリンスタンドの重要性を改めて認識しています。
地域の燃料供給拠点としての役割を果たすため、全店舗に災害用発電機を導入しました。災害などによる大規模停電が起こっても安定して給油サービスを継続することが可能です。

またベストバリューエネルギーの久世店・伊丹店は災害時緊急車両用指定給油所として指定されています。